ジャックポット ゲーム

オンラインスロットのベッティングシステムは役立つ?

オンラインスロット

スロットゲームは日本のファンをどんどん増やしています。ほとんどのギャンブラーは、スロットベッティングシステムは存在しないと信じでいますが、実際には多数のギャンブラーがオンラインスロットベッティングシステムを使って巨額のジャックポットを獲得しています。現在使用されているさまざまな人気のスロットシステムをちょっと見てみましょう。 ピラミッド法 共通してよく使用されるスロットシステムは、ピラミッドスロットシステム。非累積型の形式、つまりひとつのペイラインゲームで少なく賭けて、それからさまざまなポイントで上限が可能になるという意味です。例えば、ひとつのペイラインゲームでプレイできる最大限のコイン数は6枚。ピラミッドベッティングの順番は次の通りになります:コイン1枚、2枚、3枚、4枚、5枚、4枚、3枚、2枚1枚。 ピラミッドという名前は、下の賭けから開始して上がって行き、それからまた下に戻って行くようなベッティングパターンが由来となっています。このシステムの長所は、高い賭け金で大きな金額を手に入れる公平なチャンスを与えてくれることの他、小さな掛け金でバンクロールを保持できることです。 1日1回のベットシステム 1日1回のベット戦略が誕生し、近頃とても人気になっている累積型ジャックポットゲームでは1回のスピンに1~3ドル賭けますが、日本のほとんどのプレーヤーはそれが割高だということが分かっています。「1日1回のベット」という名前は、名前通りで、バンクロールを節約するために1日1回だけ賭けることができるようにしています。この1日1回のベットパターンを1年間、つまり365日間続けると、大きなジャックポットを当てる公平なチャンスを得るでしょう。 ハイローシステム 一度に最低金額を賭けるので、非累積型ゲームで使用されるイローベッティングシステムもピラミッドシステムにかなり似ています。ハイローシステムを利用すると、各スピンで状況に応じて高く賭けたり、低く賭けることができます。最高ベッティングコインの金額が6ドル、最低金額を2ドルと想定しましょう。その場合には、2ドル、6ドル、2ドル、6ドルと賭けることができ、これが続きます。このシステムを使う時には、ペイラインごとに1枚だけコインを賭けることができます。 マーチンゲール法 一番人気で一般的に受け入れられているスロットベッティングシステムは、マーチンゲール法です。バカラやブラックジャックのようなゲームではもっと効果的ですが、プレーヤーはスロットでこのシステムを使います。 マーチンゲールプレーヤーが全部損失した後に2倍の金額を賭ける場合には、これはバンクロールの自殺行為。スロットでは多数の食い違いが見つかりますから。ベット全体が最大のジャックポットペイアウト資金に移動するので、ここではプレーヤーはほとんどお金を失います。マーチンゲールで賭け金を2倍にした後に、別のベットで勝つ前には長い間待つ必要があります。 オンラインスロットシステムを使うべき? スロットゲームは賭けパターンがとても複雑。ですから、システムのコンセプトはここではあまりいい結果を出せません。例えば、0.01~6.00ドルの範囲のコインサイズがある15ペイラインゲームがあるとします。ここでピラミッド法やマーチンゲール法はさほど重要であることを証明しません。 日本ではオンラインスロットベッティングの複雑性を簡単にしようとしてシステムを作成しようとする人がいて、そういったシステムに巨額をつぎ込んでいます。このようなシステムから稼ぐ人々は自らが売り手です。ですから、システムでお金を無駄にするよりも、貯めて、ジャックポットスピンに全力を尽くす方がいつでも良いことです。 ですから、お金を稼ぐ目的でスロットマシンを見ないようにしましょう。代わりに、毎日の一般的な賭け戦略からの楽しい息抜きとして使うだけにしましょう。